ラッキーキャット写真.jpg

「遅いなぁ」とBARには珍しく三つもある時計を見渡して、独り言を言っていた。
10時には来ると昨夜電話でそう言っていたはずなのに、と少しイライラとどこか緊張しているようで落ち着かない。何年振りだろうか、いつもカウンターの決まった場所に座り、ハイボールしか飲まない、いやハイボールしか知らないのだろう“いつもの常連さん”ちゃんと指定席は空けて待っているのに…。
と、時計を何度も見ながら、思いを募らせていた時に、ドアがゆっくりと開く音がした。

『こんばんは…。』と確かに聞き覚えのある声に入口の方を向いて声を返した。
「いらっしゃいませ!」
『マスター!』
「おぅ…。お、遅かったじゃないですか!」
『良かった。安心しましたよ。元気そうで、そして、開いててよかった。』
「約束は10時だったはずよね。」
『まぁ、いいじゃないですか。久しぶりに佐賀に帰ってきたんだし、佐賀時間ですよ。』
「相変わらずだね。だから、彼女にフラれるんですよ。でも、ホッとしましたよ。変わってなくて…。」
『店…。閉まってしまったんじゃないかと、心配してましたよ。』
「ありがとうございます。余計なお世話です。お客様は、あなただけじゃないから大丈夫ですよ。」と、久しぶりのこのやり取りで盛り上がり、いつもの常連さんは、もう、コースターがセットされているいつもの席に座り、予定通りのハイボールのオーダーである。

バック棚からいつものウイスキーを取り、カウンターに置いた。そして、グラスを二個用意し、それぞれに氷を入れ、ハイボールをつくり、一つは、コースターの上に運び、もう一つは自分で持って、カウンターの隅へ動いた。

「乾杯といきますか!」
『マスターも飲むの?』
「あたりまえじゃないですか!今日はあなたのために貸切です。」
『そ、そうなの。じゃぁ、乾杯!』
「乾杯!」
『で、何に乾杯だっけ?僕は、フラれて帰ってきたし、この店は暇でつぶれそうだし…。』
「もう!あなたとわたしの物語がまた始まることにですよ。」
『どういうこと…。』
「まぁ、いいじゃないの。」
そう返し、少し顔がほころんでる自分と、ニコニコ顔のいつもの常連さん、そして、あの頃の空気にいつしか戻っているような気がしてきた。BARは人で空気が変わるもの、その空気をうまくコントロールするのもバーテンダーの仕事の一つだと教わったのも思い出した。
「ところで、あの彼女とは、どうなったの?フラれたとか言っているけど。」
『彼女は、忙しいのが好きなんですよ。そのペースを乱したくないし、楽しそうに仕事している姿が好きなんですよね…。だから、僕から…。』と言いかけた時に、扉が開く音がした。
「いらっしゃいませ!」と入口の方を向いて、頭を下げて声を出した。一人の女性がゆっくりと入って来た。
『まだ、大丈夫ですか?もう、閉店じゃ…。』
「いえいえ、まだ、大丈夫ですよ。」とカウンターの常連さんとは反対の隅へ案内し、オシボリを渡し、コースターを置き、メニューを差し出した。

『あのう、マルスウイスキーの“ラッキーキャット”はありますか?』
「はい。ありますよ。」
『それを、ハイボールにしてください。』
「はい、かしこまりました。」

バック棚から、ラベルにネコの写真が描かれているボトルを取出した。これは、信州マルス蒸留所から1,200本限定で発売されたブレンデッドウイスキーで、ポートワインとマディラワインの空き樽に2年間後熟したものをヴァッティングしたものだ。甘くエキゾチックな味わいが特徴的なウイスキーだと言われている。

「はい、どうぞ。」と、そのウイスキーでつくったハイボールを女性の前のコースターの上に運んだ。
『あぁ、美味しい…。甘さがあって、香りもよくて。ありがとうございます。』
「どういたしまして。ところで、どうしてこのウイスキーを?」
『私、ネコが大好きなんです。たまたま、ネットで見つけて、飲んでみたいなぁと思って、ここならあるんじゃないかと。』
「そうでしたか。よかったですよ。もう少しで無くなるところでした。」そう言った後に、もう片隅の方へ身体を向けた。

「すみませんね。ほったらかして。」
『昔から、そうじゃないですか。久しぶりだというのに。まったくですよ。』
『マスター。そのネコのウイスキーで僕にもハイボールをちょうだい。』
「ご、ごめんね。もうほとんど入っていないんですよ。」とそのボトルを、いつもの常連さんの前に置いた。
『マスター。あと一杯分ぐらい入っているじゃないですか!』
「これは、テンシュノトリブン。」
『天使の取り分?』
「違いますよ。“店主”の取り分!」
『なんですか!お客様ですよ。僕は!』
「これが、私の楽しみなんです。我慢しなさい。」
と、いつもの常連さんとカランでいるときに、女性から声が聞こえた。

『マスター、ご馳走様でした。飲めてよかったです。』と言った後に、大きく息を吸って、また、口が動き始めた。
『実は、今年いっぱいで仕事を辞めて、結婚するんです。』
「それは、おめでとうございます。」
『ただ、彼はサラリーマンですが、実家が喫茶店をやっていて、その店を手伝うことになっているんです。それに、少し迷いがあって、でも、決めました。喫茶店で頑張って、“ラッキーキャット”になろう。て…。』
「なれますよ。きっと、幸せの招き猫に…。」
『ありがとうございます。』
「こちらこそ、ありがとうございました。」と、女性を扉の外まで見送り、カウンターの中に戻った。

『マスター!飲ませてくださいよ。』といつもの常連さんから声が飛んできた。
「ちょっと待って、確かさっき、何か言いかけてなかったっけ。」
『もう、忘れました!それより、気付いてくださいよ。僕がこの店の招き猫なんですよ!昔も今も…。』
「そうかもね…。」

コスモポリタン写真.JPG
今日はなんだか落ち着かない。そう、皆様もお気づきでしょう。いつもの常連さんが彼女を連れて来る日なのです。
『ありがとうございました。』とお客様を見送り、誰もいなくなった店内に戻った。洗い物を下げて、カウンターの中に入った。時計は9時半を回ったところだ。そろそろかと深く呼吸をした時に、扉が開く音がした。

『いらっしゃいませ!』とその音の方へ声をかけた。
「マスター!こんばんは!」といつもの常連さんが元気よく現れ、その後に女性が「こんばんは・・・。」と小さい声を出して入って来た。
『初めまして・・・。』といつもの常連さんの隣に座られた女性に挨拶をした。
『この日をお待ちしてましたよ。』
「初めまして。マスターの事は色々と聞いています。」
『そ、そうですか。で、お飲み物はどうしましょう?』と二人に声をかけた。
「マスター!シャンパンを・・・。」と常連さんが声をかけ、目で合図も送って来た。
『はい。』と返事をし、あのグラスと常連さんのグラスをカウンターの上に並べた。冷蔵庫から冷えたシャンパンを出し、針金を緩め、音がしないように丁寧にコルクの栓を開けた。そして、静かにグラスに注ぎ、二人のコースターの上に運んだ。
「マスターもどうぞ!」と常連さんから声がした。
『ありがとうございます。』と答えてグラスにシャンパンを注いだ。
「それでは、乾杯しましょう。マスター!ひと言、お願いします。」
『では、お二人が結婚できますように!』
「な、何を言い出すんですか。まだ、そんな、今からなんですよ。もう・・・。」と少し慌てながらも嬉しそうな顔がそこにあった。
『はい。では、“カンパイ!”』
「かんぱ〜い!」と上機嫌の常連さんに続いて「カンパイ!」と声が聞こえ、グラスの“カチッ”とあたる音がした。
「美味しい! シャンパンは、最高だね!」と常連さんから声がした後、しばらく二人の前から外れ、洗い物のグラスを吹き上げた。そして、シャンパンが空になるのと同時に声をかけた。
『そうそう、そのグラス、お預かりしていた物です。名前と同じイニシャル“M”が刻まれていますよ。』と女性に言った。
「あっ!」「ありがとう!」と女性は常連さんの方へ顔を向け、また声がした。
「あら?あなたのグラスには、“H”が・・・。」
「えっ!あっ、ホントだ!」
『気付いてくれましたね。』
「これって、僕の名前?」
『そうです。彼女と同じグラスに刻んでもらいました。私からのプレゼントです。』
「ありがとうございます!」
『ところで、お代わりはどうしましょう?』
「僕は、やっぱり、ハイボール!」
「私は・・・。」
『あっ。Mさんには、私からカクテルをプレゼントしますよ。』
と返事をし、バック棚を見渡し、ハイボール用のウイスキーとコアントローを取り出し、冷凍庫からウオッカを冷蔵庫からクランベリージュースを出してカウンターの上に置いた。そして、ライムを搾りその横に並べた。
シェーカーを取り、材料を入れて準備をした。先に常連さんのハイボールをつくってコースターの上に運んだ。そして、冷やしておいたカクテルグラスを出し、シェーカーに氷を入れて素早くシェイクし、グラスに静かに注いだ。
『はい。どうぞ。』と彼女のコースターの上へ運んだ。
「奇麗な色ですね。さっぱりしてて、美味しい。名前は何ですか?」
『“コスモポリタン”というカクテルです。』
「あっ!これ、飲みたかったんですよ。アメリカのドラマの中に出て来たのを憶えています。」
「へぇ〜、有名なんだ・・・。」と常連さんの声がした。
『世界的に有名なカクテルなんですよ。』
「ですよね。」と今度は女性から声がした。
『Mさんが、お仕事でいろんな国へ行かれていることを聞いていました。だから、なかなか会えないって・・・。コスモポリタンは、国際人という意味だそうです。』
「国際人ってほどじゃないんですけど、好きなんです。海外の仕事。」
「マスター!私、ここに来てよかったです。この店の良さが分かりました。“親父ギャグ”だけじゃなかったんですね。」
『えっ、そんな事を言ってたんですか!あなたは!』と常連さんに顔を向けた。
「スミマセン・・・。」と低い声が聞こえ、女性からまた声がした。
「暖かいですね。この店。彼が通うのがわかるような気がします。」
『そんな、たいしたことはないですよ。』
「私も、一人で来ようかなぁ・・・。」
「ダメダメ!僕と一緒です。」
『お互いのペースを崩さない程度がいいんですよ。それに、いつも一緒だと、私の居場所がないし・・・。』
「マスター!ホントは寂しいんでしょ!」
『ち、違いますよ!』
「二年間のマスターを見てたら分かります!」
『そろそろ、閉店の時間みたい・・・。』
「まだでしょ!」

ブルームーン写真.JPG
2009年が終わり、新しい年になってひと月が過ぎた。いつもの常連さんは、相変わらず同じ席でハイボールを飲んでいる。しかし、今までと一つだけ違うものがある。それは、その常連さんに同級生の彼女が出来たらしい事だ。
「マスター!ハイボールお代わり!」
『はい、はい。分かりましたよ。そんなに大声を出さなくても・・・。』
いつになく元気な常連さんにちょっと釘を刺して、お代わりのハイボールをつくり空のグラスと取り替えた。
『はい。どうぞ。』
「あ、ありがとうございます。」
『今年は、いい年になるんじゃないの。元気な顔を見てるとそんな感じがするよ。』
「でしょう!」と会話が弾んでいる時に扉が開く音がした。

『いらっしゃいませ!』と入口のほうへ声をかけた。
「こんばんは!二人ですけどいいですか?」と女性のお客様が入って来られた。
『どうぞ、こちらの方へ』とカウンターの左隅を案内した。そして、お二人にオシボリを渡し、コースターを前に置いた。
「“BAR”という看板に引かれて入って来たんですけど、カクテルも飲めるんですよね・・・。」と一人の女性から声がした。
『はい。カクテルはメニューがございますよ。』と答えて、二人の間にメニューを置いた。
「こんなにたくさんあるんですね。何を注文したらいいか全然わからないです。」
『好みなどをおっしゃっていただければ、こちらで選んでおつくりすることもできますが・・・。』
「これなんかいいんじゃない!ジンベースの・・・。」
「ほんと!ステキな名前ね。これにしようか。」
『お決まりですか。』
「このジンベースの“ブルームーン”を二つ下さい。」
『かしこまりました。ブルームーンを二杯ですね。』と返事をして、バック棚からバイオレットのリキュールを取り出し、冷凍庫からジンを出してカウンターの上に並べた。それからレモンを1個搾ってその横に置いた。
いつもよりは大きいシェーカーを取り、二人分ずつの材料を中に入れた。
冷して置いたカクテルグラスを二つカウンターの上に並べ、シェーカーの中に氷を入れ、ストレーナー、トップを重ねてすばやくシェイクする。
いつもの常連さんの空のグラスの音を消すように、店内にシェイキングの透き通るような音が響き渡った。
そして、そのシェーカーから二つのグラスに均等に注ぎ分けられたカクテルを女性の前のコースターの上に静かに運んだ。
『はい。どうぞ。“ブルームーン”です。』
「うわぁ!キレイな色!それに花の香りがするし・・・。」
「美味しい!」
「ホント・・・。」と二人から声が聞こえた後、常連さんの空になったグラスを下げて新しいハイボールをつくって運んだ。
『すみませんね。ほったらかして・・・。』
「もう、慣れてますよ。ところで、あんなに若い女性が二人でご来店とは、珍しいですね。」
『ホントですね。』と返事をして、女性のほうへ戻った。

「ブルームーンってステキな名前ですね。」と女性から声がした。
『先月は、満月が2回あったのをご存知ですか?』
「えっ、1月ですか。」と二人、首を傾げながら顔を見合わせていた。
『月に2回満月が見れることはとても珍しいことで、その2回目の満月を“ブルームーン”と言うんですよ。』
『そのブルームーン(2度目の満月)に願い事をお祈りすれば叶うと言われているんですよ。』
「ホントですか!へぇ~、マスターって、ものしりですねぇ。」
「願い事、お祈りしたかった。ねぇ・・・。」
『私が知っているのは、お酒のことだけですよ。』
「私たち成人したばっかりで、今日はBARデビューなんです。なんだか大人になった気がしました。ねぇ。」
「そうねぇ。今日はこの一杯で帰りますけど、また、来てもいいですか?」
『はい。またお待ちしております。ありがとうございました。』と扉の外まで見送りをした。

「マスター!」とお決まりのごとく常連さんから声がした。
『はい。なんでしょう。』
「ブルームーンって神秘的だね。」
『ホントですよ。あなたに彼女が出来たのと同じぐらい神秘的だね。』
「そうなの?」
『月に2回来る満月のことだけど、言い換えると“珍しい出来事”という意味なんだって。』
「二十歳の女性二人も、この店には珍しいよねぇ。」
『まぁ、それもだけど、あなたが彼女を連れて来ることが、今年一番の珍しい出来事になると思うよ。』
「ちょっと、大袈裟じゃない!」
『最終回なんです。次回で・・・。』
「えっ、そうなんですか!」

スカイボール写真.JPG
「マスター!」といつもの角の席から声がした。
『はい。お代わりですか?』
「それもだけど、マスターの血液型って何型なんですか?」
『お店を見れば分かるでしょ!典型的なA型ですよ。』
「やっぱりねぇ。だから僕と相性がいいんだ。僕、O型なんですよ。」
『そ、そうなの・・・。』と返事をしながら、お代わりのハイボールをつくって常連さんの、空のグラスと取り替えた。
「実はね。MちゃんもA型なんですよ。」
『良かったじゃない。相性が良くて。』と話しを返した時に、また扉が開く音がした。
『いらっしゃいませ!』と入ってきた一人の女性に声をかけた。
「マスター、こんばんは!」と声が返ってきた。
『あら、今日は、お一人ですか?』と話しながら、真中あたりの席を案内した。

「遠征試合で、こっちにいないんです。」
『そうそう、新聞見ましたよ。勝ちましたね。それも逆転勝ちでしたね。』
「はい!その報告に来ました!ホントは一緒に来たかったんですけど・・・。」
『ところで、お飲み物は?』
「もちろん。あの時、彼が飲んだものと同じのを。」
『かしこまりました。』
と返事をして、銅製のマグカップを用意し、冷凍庫からウオッカを出して、カウンターの上に置いた。8分の1にカットしたレモンを準備し、トニックウォーターと炭酸も一緒に並べた。

カクテルをつくりながら、先週末に二人で来られたときの事を思い出していた。
たまにお見えになるカップルで、彼がハンドボールの選手だという事は以前に教えてもらっていた。
「マスター!最近、勝てないんですよ。次の試合は、大事な試合なんです。勝ちたいんです。」と話しを聞きながら、お奨めのカクテルをお出しした。
『このカクテルはスカイボールという名前なんですよ。何か、ハンドボールのボールが飛んでるみたいな名前でしょ。』
「へぇ、スカイボールですか?サッパリしてて美味いなぁ。」
『このカクテルを飲んで試合に挑めば勝てるかも。そういうジンクスが誕生すればいいですね。』
と、あの時話していた。そのカクテルは、マグカップにレモンを搾りウオッカを入れ、トニックウォーターと炭酸を半々注いで軽くステアしたものだ。

出来上がったカクテルを彼女の前のコースーターの上に置いた。
『はい、どうぞ。“ジンクス”のスカイボールです。』
「あぁ、ホントに爽やかで美味しい!」と声がした。そして、すぐ続けてまた声が聞こえた。
「ホントにジンクスになったかもしれませんね、マスター!逆転勝ちですよ。彼も涙が出るくらい喜んでました。もう、私も嬉しくて嬉しくて、勇気だして一人で来たんです。」
『わざわざ、ありがとうございます。完全なジンクスとは言えないけど、嬉しいですよ僕も。』
「たぶん、また、ホームでの試合の前は、二人でスカイボールを飲みに来ると思います。」
『分かりました。応援してますとお伝え下さい。』
「はい。伝えます。では、今日はこれで失礼します。」
『ありがとうございました。』
「実は、いつもは運転手で飲めなかったけど、遠征試合なので、代わりに私が飲みに来たんですよ。ジンクスを信じて・・・。」
『そうでしたか。きっと勝ちますよ。』と返事をして外まで見送りをした。

店の中に戻り、空のマグカップを下げ、いつもの常連さんの方を向いた。
「お代わりお願いします!」
『ほったらかして、スミマセンね。すぐつくります。』と洗うのをやめ、ハイボールをつくって常連さんの席の前に行き、空のグラスを下げて、コースターの上に運んだ。
『はい。どうぞ。』
「ねぇねぇ、さっきのジンクスの話だけど。」
『えぇ、血液型じゃなくて、今度は、ジンクスですか!』
「いやね、なんかその、この店に彼女を初めて連れて来て、二人でこのカクテルを飲めば、幸せになれる。というようなジンクスはないの?」
『ないね!』
「もう、そんなにあっさり言わないでよ。もうすぐ、Mちゃんと一緒に来るんですよ。」
『ないね、でも、一つだけ言える事があるよ。』
「なになに。」
『“角の席に、男性が一人で来て、ハイボールを飲むと、その日は暇になる。”というのが・・・。』
「えぇ、ぼ、僕じゃないですか!」
『はい。』

フェアリーテール写真.JPG
予定通りの時間に、扉が開いた。言わずと知れたいつもの常連さんである。
『いらっしゃい!』と声をかけ、ハイボールをつくって角の席へ運んだ。
「マスター。今日は、すぐ帰りますから。」
『そ、そうなの・・・。ところで、誕生会はどうだった?』
「楽しかったよ。でも、プレゼントを渡せなかった・・・。タイミングがなくて・・・。」
『酔っ払って、忘れたとかじゃないの!』と返した時に、また、扉が開く音がした。

『いらっしゃいませ!』と扉の方へ声をかけた。
「こんばんは!」と声を出しながら一組のカップルが入ってきた。
『どうぞ、こちらの方へ』と、真ん中よりの席にご案内し、オシボリを渡し、お二人の前にコースターを置いた。
「マスター!お久しぶりです!」
『ホントですね、4年ぶりですか。』
「もう、そんなになるんだ・・・」と言う女性の方へ向くと、また男性から声がした。
「妻です。一年前に結婚しました。」
『そうですか。あの頃は、学生さんでしたね。』
「はい。大学がこっちで、そこで知り合って・・・。」
『おめでとうございます! ところで、何にしましょうか?』
「えっと。僕は、ウイスキーのロックを、妻には何かカクテルをつくって下さい。」
『かしこまりました。』と返事をして、バック棚を見渡して、まずウイスキーを取り出し、カウンターの上に置いた。それから、ピーチ・リキュールとアプリコット・リキュールとブルーキュラソーを取り出し、同じように並べた。ライムを一個搾り、その並んだボトルの横に置いた。そして、冷しておいたカクテル・グラスにレッドチェリーを一個入れて準備をした。
シェーカーに材料を入れ、氷を加えて、すばやくシェーク。静かな店内に透き通るような金属音響いた。シェーカーのトップを外して砕けた細かい氷とともに薄い緑色の出来たばかりの液体をグラスに注いだ。
『はいどうぞ。お待たせしました。』と言ってカクテルを出し、ご主人には、丸い氷を一個入れたロック・グラスにウイスキーを注いで、静かにコースターの上に運んだ。乾杯の声と一緒に、それぞれグラスを口に運んだ。
「美味しい!それに色がすごくキレイ・・・。」の後、ご主人からも声がした。
「このウイスキーも美味いよ。香りもいい。」

『カクテルは、“フェアリー・テール”と言う名前です。18年ぐらい前に、ある女性のお客様が、その時につくったオリジナル・カクテルに名前を付けてくれたもので、“妖精が出てくるお伽話”と言う意味だそうです。それ以来、当店のメニューにもその名前で載せているんですよ。
ウイスキーは、国産で“白州12年(サントリー・シングルモルト・ウイスキー)”です。』
「かわいい名前だね。」と二人で目を合わせ、すぐにご主人が口を動かした。
「僕の職場は、山の中の自然公園施設なんです。回りには森があって、ホントに妖精が居そうな場所なんですよ。」
『そうですか、羨ましいですね、そういう所で仕事ができて・・・。』
「妻には、少し不便な思いをさせているけど、気に入っているんです。自然に囲まれてて、いつか子供ができたら、いっぱい遊ばせてやりたいと思っています。」
『そのうちに、可愛い“幼生”を授かりますよ。』と答えた後、二人のそばからしばらく放れた。

常連さんのハイボールが空になっていた。お代わりをつくって角の席の前に行き、新しいものと取り替えた。その時、ご主人のグラスの氷が鳴る音が聞こえた。

「マスター!今日はこれで帰ります。美味しいウイスキーとカクテル、ありがとうございました。」
『こちらこそ、ありがとうございました。また、寄って下さい。』
「はい。妻の実家はこっちなので、また、寄ります。」
『そうそう、お出ししたウイスキーも、森の中で育ったものなんですよ。』
「そんな、香りがしてました。」と話しながら、外まで見送った。

店の中に戻り空になった二つのグラスを下げ、洗った後、拭き上げながら常連さんの方へ身体を向けた。
『ところで、さっきの話しの続きだけど・・・。』
「マスターに頼みがあって・・・、このプレゼントのグラスを預かって下さい。ここに一緒に来た時に渡したいから・・・。」
『そう言うことなら、喜んで引き受けましょう。』
「よかった。今日は、そのお願いで来たんです。では、これで・・・。」
『えぇ、もう、帰るの!』
「少し、風邪気味で・・・。」
『今流行のインフルエンザじゃないでしょうね。』
「ち、違いますよ。たぶん・・・。」
『明日、病院に行って検査して下さい。“ようせい”かもよ。』
「僕に、“妖精”は来ないでしょう。」
『その“ようせい”じゃありません。』
「あぁ、そっちね。当りかも・・・。」