この街に来て三度目の夏が来た。毎日、うだる様な熱さは何とかならないものか。
こういう日は、冷凍庫で霜が付いたグラスによく冷えたビールを注いで一気に飲むのが一番だ。と考えながら、あのBARへ向かった。
今日は、やっと彼女も一緒・・・。いや、遅れて行くからとメールが入ってきた。
まぁ、彼女が来るまでの間、前回の続きを聞かなくては・・・。

「こんばんは!」と重い年期の入った扉を静かに開けた。
『いらっしゃいませ!』とママの声がしたあと、『いらっしゃい!』とマスターからも声が聞こえた。
何やら、今日は忙しそうである。今来たばかりの三人の女性客がカウンターに、そして、テーブル席には、一時間ぐらいなるのだろう。灰皿には吸殻がたまり、また新しいタバコに火をつけた中年の男性とその前に若い女性が座っている。

「忙しいね。」
『珍しいでしょ。』とママから声がし、三人の女性の注文を聞き、マスターに伝えた。
『もうすぐ、落ち着くから、ちょっと待ってて下さいね。』とまた声がしたあと、僕の前に
コースターといっしょに思い切り冷えたビールが出てきた。

「おぅ、これこれ、飲みたかったんですよ。グラスまでギンギンに冷えたビールが・・・。」
「ウッ、美味いね。夏はこれだね。」
“ですよね。”と言わんばかりにチラッと僕の方を見てニコッとマスターが笑っていた。

しかし、よく分かるね僕の飲みたいものが。いや、この熱さじゃみんな考える事は同じなのだろう。それにしても、マスターとママがバタバタと仕事をしている姿はめったに見れないかもしれない。ママがオーダーを聞きマスターが飲み物をつくり、その間に、おつまみをママが用意しお客様の前に運ぶ。そして、出来上がった飲み物をマスターがそれぞれのコースターの上に運ぶ。
動きに無駄がない。マスターとママの息もピッタリ合っている。僕の前に出てきたビールもちゃんと計算されて出て来たに違いない。

『すみませんね。バタバタしてて・・・。』と女性にカクテルを出し終えて、少し落ち着いた様子でマスターから声がした。
「いえいえ、ビールが出てきて感激していたところです。」
『実は、私も飲みたくてね。ビールが・・・。』
「どうぞ、飲んで下さい。僕がおごりますよ。ママもね。」
『ありがとうございます。ところで、今日はご一緒じゃ・・・。』
「か、彼女ですか。メールが来て、先に行っててくれって・・・。」
『そうですか。』と話しながら、マスターは、いつの間にか片手に冷えたビールを握りしめていた。
「あっ、ママは?」
『例の・・・。』
「猫の世話ですね。」
『すみません。』
「ところで、例の話しの続きだけど・・・。」と言ったときに、テーブル席のカップルの方から「帰るよ!」と声がした。マスターはすぐにそのお客様のところに行き、ニコニコ笑いながら挨拶を交わして、外まで見送りをした。そして、空になったグラスを下げながらカウンターの中に戻った。

『この前の“ブルームーン”の話しね?』と、洗い物を片付けながら声がした。そして、続けてまた声がした。
『その前に、お代わりをしましょうか?』
「はい。何かウイスキーを・・・。」
『かしこまりました。美味いウイスキーがあるんですよ。』と、バック棚から一本のウイスキーを取り出しカウンターの上に置いた。それから大き目の氷が一個入れられたロックグラスにそのウイスキーが注がれ、僕のコースターの上に置かれた。
『はい。どうぞ。』
「美味しそうなウイスキーですね。」
『マッカランの18年物です。私も好きなんですよ。』
「うん、美味い!」
『でしょ・・・。』

「ところで・・・。」
『はい。分かってますよ。お互い二度目だというとこまででしたね。』
「そうそう、“二度目”まででした。」
『で、ちょうどその“二度目の満月(ブルームーン)”の日に、彼女が一人で来てまして、他にお客さんも居なくてね、カクテルのブルームーンを飲みながらバツイチ同士、妙に盛り上がりましてね。』
「いい感じになったんですね。」
『まぁですね。そして、彼女が帰る時に、見送ろうと一緒にお店の外まで出たんですよ。そしたら急に、帰り道を照らす二度目の満月に向かって“二回目は幸せになるぞぉ!”て叫んだんですよ。』
「へぇ、なんか、ドラマみたいじゃないですか。で、マスターはどうしたの?」
『どうって、それを聞いて私も叫びましたよ。“同じ言葉を・・・”』
「“同じ言葉”ですか?」
『い、いや、ちょっと違ってました。“二回目は幸せにするぞぉ!”でした。』
「それが決め台詞になったんですね。」
『まぁ、そういうことです。』とマスターが話し終えた時、ママが二階から降りて来た。

「ママ!聞きましたよ。この前の続き・・・。“願い事”が叶ったんですね。」
『は、はい。2回目にやっとね。』とちょっと照れくさそうな笑みを浮かべながらママが答えた後、三人組の女性から「お代わり」の注文が入った。

ママが空になったグラスを下げ、お代わりのオーダーを聞いて、マスターがカクテルをつくりだした。年期の入ったリズミカルなシェーキングだ。一瞬静まり返った後、透き通るような金属音が店内に響き渡った。バーテンダーの仕事の中で一番格好よく見えるところだろう。
見ているだけで美味しそうな感じがするし、飲みたくなる。

とその時、僕の内ポケットで携帯が光りながら動き出した。
彼女からのメールだ。三行ほどの短い文章だった。

「マスター。今日はこれで帰ります。」
『待ち合わせだったんじゃ・・・。』

「今日は来れなくなったって今メールが来て・・・。」
『そ、そうですか。残念です。お会いできると思っていたんですが・・・。』

今日は出張だった。予定よりも早く仕事も終わり、彼女とゆっくり逢うことができる日だと思っていたが、明日早いからダメだと断られてしまった。
この街でやっと見つけた、あの店に一緒に行こうと思っていたが、またしても一人で足を運ぶこととなった。満月の月明かりの中、路地裏のバーに向かった。

「こんばんは、まだいいかなぁ?」
『いらっしゃいませ。まだだいじょうぶですよ。』と、今日はママが迎えてくれた。

「珍しいね…。ママだけなの?」
『いいえ、猫の世話です。たまにはしてもらわないとねぇ…。』
「マスターが猫の世話ですか!」
「しばらく、下りてこなくていいよ。って伝えて!」

『もう、下りてきますよ。それで、何をお出ししましょうか?』
「ママのお奨めでもいただこうかなぁ…。」と、答えた時には、もうマスターがカウンターの中に、目じりが下がった優しい顔で立っていた。

「マスター!いつの間に下りてきたの?」
『すみませんね。猫みたいで…。』
とマスターが答えたあと、ママが、何やら目で合図を送ると、カクテルを作り出した。手際よく、さっそうとシェーカーを振り、冷やしてあったカクテルグラスに薄紫色の綺麗なカクテルが注がれ、僕の前へと運ばれてきた。

『はい。どうぞ!』
「おぅ、綺麗なカクテルですね。」と、僕が呟くと、ママが笑みを浮かべ、また、声が聞こえた。

『私の一番好きなカクテルですよ。マスターと結婚する前によく飲んでいたの…。』
「マスターとの思い出のカクテルですか…。」
『マスターの作るこのカクテルが一番好きでね。』と、マスターの顔を横目で見ながら教えてくれた。そして、その後に付け足すようにママの口がまた動き始めた。

『今日は、珍しい日なんですよ。』
「何が、珍しいの!僕はいつも一人だけどなぁ…。」
『お客様の事じゃなくて…。今夜の満月…。』
「満月?がどうしたの?」
『今月は、二度目の満月の日なんですよ。』
「二度目!そういえば、僕も今月、ここに来るのが確か二度目だ…。」

『あら、そうですね。』とママが答えた後に低い声で、マスターが僕とママの会話の中に入って来た。

『“ブールムーン”って言うんですよ。』
「このカクテルの名前なんですか。」
『そうですね。カクテルもだけど、同じ月にやってくる二度目の“満月”の事も…。そして、それに願い事を唱えると叶うと言われているんですよ。』
と、ニコニコしながらマスターが教えてくれた。

「へぇ…。そうなんだ…。」としばらく会話が途絶え、静かな空気の中で、そのカクテルを口に運んだ。甘酸っぱくて、香りがいいカクテルだ。女性が好みそうな味がする。
きっと、ママもこの香りと色が好きなんだろう。

カクテルを半分ほど飲み終えたときに、ママがまた、僕に静かな口調で話しかけてきた。

『結婚してからは、一度も“ブルームーン”を飲んでないんですよ。』
「僕がおごりますよ、一緒にどうですか!」

『ありがとうございます。気持ちはうれしいですけど、やめときますね。今日は・・・。』
「こんなに美味しいのに、どうして…。」「昔をあまり思い出したくないとか?」

『いいえ、そんなことはありませんよ。』とだけ残して、いつの間にか、カウンターからその姿が消えていた。

「ママは?」
『すみませんね。定刻の猫の世話で…。』とマスターから声がした。
「そ、そうなんですね…。」
「ところで、このカクテルって、何か、他に秘密があるの?」

『…。私が言うのも…。』と言いながら、ゆっくり口を動かした。
『実はね。家内とは、再婚なんです。それも、お互い二度目なんですよ。』
「な、なんか悪いこと聞いたみたいですね。」
『いいんですよ。そのうち分かることだし、それに今は、充分幸せですから…。』

「で、ブルームーンは・・・。」

『その前に、お代わりは?』
「そ、そうだね。じゃぁ“ハイボール”をいただきます。」

『はい!かしこまりました。』と言って、冷蔵庫から冷して置いた“角瓶”を取り出し、手際よくハイボールをつくり、僕の前の空のカクテルグラスと差し替えた。

『はい、どうぞ。』
「いただきます。美味いね。やっぱり。」
ここのマスターのつくるハイボールもまた絶品だ。それと手際のよさがとても奇麗に感じる。長年の経験がそうさせているのだろう。
意識しているのではなく、自然なところがまたいいのだ。

「あっ!もうこんな時間ですか!明日、仕事じゃなかったら、“続きの話し”を聞きたいけど、今日は、このハイボールで帰るとします。」

『ありがとうございます。いつも。』
「今度は、二人で来ますよ。ブルームーンの続きを聞きに・・・。」

いつの間にか、足があの店の方へ向いていた。友人から教えられた小さなバーであるが、居心地のいい店だし、その不思議な魅力に取り付かれてしまったような気がする。

しかし今日は、一日気乗りがしない日だった。仕事では失敗するし、付き合ってる彼女からは、待ってても連絡はないし、踏んだり蹴ったりである。BARに寄って帰るとだけメールを送った。返信を待ちながら歩いていたがBARにつくまでの間、着信音は聞こえなかった。

さてと、着いた事だし、気持ちを入れ替えて、この古びた重い扉を開けましょう。

『いらっしゃいませ!』
「こんばんわ!この前はどうも!」
『いえいえ、お好きなところにどうぞ。』
「ママは、また猫の世話ですか?今日は会えると思ったのになぁ…。」
『もうすぐ、下りてきますよ。さっきまでバタバタしてて、洗い物も溜まってるからね。』
「へぇ、忙しかったんだぁ?」

『ところで、今日は、何にしましょうか?』
「マスターね…、なんか嫌な事を忘れさせるような酒が飲みたいなぁ…。」
『どうしたんですか?』
「いやなことばかりですよ、この世の中は…。」

『シャンパンでも開けましょうか?幸せな気分にしてくれますよ!』
「シャンパンか…。そう言えば、この店を見つけたことと、マスターに出会えたこと。そして、ママに会えることを祝って乾杯といきますか…。マスターも一緒に飲みましょう。あっ、ママにもね。」
『ありがとうございます。いただきます。』

このバーは、2階が住居になっている。ママは、猫好きらしく、その世話で忙しそうだ。今日の本題は、ママの登場である。期待を胸に待つことにしましょう。

『はい、どうぞ!』と背の高いグラスに、注がれた黄金色のシャンパンが三つ用意され、一つは僕の前の白いコースターの上に静かに置かれた。
シャンパンのこの立ち上る細かい泡を見ていると、ホントに嫌な事を忘れさせてくれるような気がする。

『下りてきましたよ。紹介しますね。猫好きの家内です!』とマスターの声がした。その隣にママが笑顔で立っていた。

「あぁ、どうもはじめまして!」
『いらっしゃいませ!』
やっと、ママ登場である。細身の身体で、なかなかの美人である。それにマスターとは違って若々しく見える。この店はきっと、ママでもっているに違いない!

『では、乾杯と行きましょうか。』
「乾杯!よろしく!」とマスターと僕の声に続いて小さい声がした。
『こちらこそ、よろしくお願いします。』
と三人でグラスを合わせ、透き通るような金属音がメロディーのように響いた。

「うん、美味いね。シャンパンは・・・。」
『ホントですね。久しぶりにいただきました。』とママから声が聞こえた。
そして、シャンパンを半分ほど味わったあと、ママに声をかけた。

「ママは、猫が好きなんですね?」
『そうね。マスターも好きなんですよ…。』のママの声の後に続いて、マスターから声が帰ってきた。
『この店の“招き猫”なんです。』
「招き猫ですか?それで、今日は忙しかったんですね。」

『まぁ・・・、そうですね。』

「ところで、マスター!素敵なママじゃないですか!」と言って、残りのシャンパンを飲み干した。
『はい。ありがとうございます。』

「今日は、美味しいシャンパンが飲めて、素敵なママにも会えて、ほんと、嫌な事もすっかり忘れましたよ。そして、ここに来る楽しみがまた一つ増えました。明日から、また頑張ります!」

『頑張って下さい。』と優しい声が聞こえた。そして、少し間をおいて、ママからまた声が聞こえた。
『彼女さんと仲直りして下さいね…。』

「はっ、はい…。ど、どうして、それを・・・。」


路地裏の小さなバーは、マスターとママと黒猫が一匹いる不思議なお店である。マスターのお酒のチョイスといい、癒されるママの容姿と声…。
この街に来てよかったと感じている。これから、色んな出会いや物語が始まりそうだ。

この街に転勤してきて1年半が過ぎた。
新しい職場にも慣れ、他の社員達とも適度にコミュニケーションが取れるようになった。
仕事に少し余裕ができたおかげで、すっかり忘れていたのを思い出した。
確か、この街に小さな古いBARがあると地元の友人に教えられていたことだった。
今日の目的は、その店を探すことだ。

空き店舗が目立つ中心商店街のアーケードの中を入ってすぐの狭い路地を入ったところだと聞いていたが・・・。
「この辺りのはずだが…。」
「ここかなぁ・・・、あった! ここだ、ここだ。」
緑色のアクリルの看板に白抜きで「BAR」と書いてある。
間違いなくここである。
木造の2階建てで、1階がバー。2階は住居になってるみたいだ。入り口には鉄板が張られている。その錆び具合が古さを引き出している。

さて、重そうな扉を開けて入ってみることにしますか。
『いらっしゃい!』
「あ、あの〜、一人ですが・・・。」
『どうぞ!お好きなところに。』
年は60過ぎぐらいだろうか、白髪交じりにメガネを掛け、黒い蝶ネクタイ姿の男が一人、他にお客さんはいないようである。店は、落ち着いた雰囲気だ。木目が見える板を張り合わせたカウンターに7席とその後ろに4人がけのテーブルが2つあり、バック棚は、三段になっていて見たことも無いボトルがズラリと並べられている。
「マスター!一人でされてるんですか?」
『いいえ。家内も一緒ですよ。今、猫の世話で2階に・・・。』
「そうですか。」
「転勤でこの街に来て、友人に教わって来たんですよ。ここに・・・。」
『そうですか。ありがとうございます。』『で、何をお出ししましょう?』
「そうですね。さっぱりしたカクテルでも・・・。」

『ジントニックでもよろしいですか?』
「は、はい!」
ここのマスターは、手際よく、材料をカウンターの上に並べ、ジントニックを作り出した。
ジンは、冷凍庫から出したのだろう。ボトルいっぱいに霜が付いている。美味いカクテルを味わえそうである。

『はい!どうぞ!』とBARとさりげなく印刷された丸いコースターの上にカクテルが静かに置かれた。
ここを探すのに正直疲れていたし、喉が冷たいアルコールを欲しがっていた。

「おぉ、美味い!」「いやぁ、飲みたかったんですよ。美味いカクテルが・・・。」
『そうですか、ありがとうございます。』
「ところで、看板には“BAR”としか書かれていないですね。」
『はい、よく聞かれるんですよ。名前はないのか?って・・・。』

「でも、なんか、いい感じじゃないですか。」
『そう言っていただけると、ありがたいですね。』
『昔はBARと呼べる店は、ここだけだったんですよ。』
「そうなんですね。」

『そろそろ、家内も降りてくるころですよ。猫好きでね・・・。まぁ、私も嫌いじゃないんですけど・・・。』
「へぇ〜。」「夫婦そろって猫好きなんだ!」
『そうですね。』『店にとっては、招き猫ですかね・・・。』

「それにしても、マスターのジントニック、美味いですね!」
『そうですか。それは、それは・・・。約40年、頑張って来ましたしね。』

「マスター!今日はご馳走様。また、寄らせてもらいますよ。場所も分かったことだし・・・。」

『すみませんね。内のがまだ下りてこなくて・・・。』

「次の楽しみということで・・・。」

『ありがとうございました。また、よろしくお願いします。』