TOPICS

スカイ島のシングルモルト

スカイ島地図.JPGタリスカー175.JPG
前回のオーク二島からスコットランド本土の西側に南下するとスカイ島という大きな島があります。
ここには、蒸留所が一ヶ所あります。それが、ウイスキー通好みのタリスカー蒸留所で、オフィシャル物もボトラーズブランド物もたくさん瓶詰めされています。
さて今回は、タリスカーのどれを頂きましょうか・・・。

確かもう1本だけあったはずですが、まだ開いていない記念ボトルのタリスカーが・・・。
あっ、ありましたよ。これこれ、「タリスカー175th」。2005年に発売された創業175周年記念ボトルで、750ml、45.8度で瓶詰めされた物です。

では、グラスに注いでいただくことにしましょう。
おぅ、さすがタリスカーですね。パワフルでスパイシーさがあり、スモーキーフレーバーもしっかり感じることができますね。
色んなモルトウイスキーがあるがその中でも、“男らしさ”を感じるウイスキーの一つではないでしょうか。(私、個人的に好きなモルトです。)
タリスカーも昔のオールドボトルと言われている8年、12年物がすごく値上がりをしています。オークションでしか買えない物となってしまいましたが、もう一度飲んでみたいものですね。

タリスカー蒸留所は、1830年創業で、スコットランドの島々の中で一番大きな島、スカイ島に位置し、その島の名前は翼を広げたような形からきたとも言われています。そして、ケルトとバイキングが入り混じりながら歴史を築いてきたところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
hplu